FP資格の無料講座

3級FP技能検定の意義

こんにちは、「FP資格の無料講座」です。

3級FP技能検定に無事合格すると、肩書き上は晴れてFPの仲間入り、という事になります。
ただ、3級の資格を持っているからといって、すぐに一人前のFPとして扱われるかというと、そういうわけではありません。
3級は、基本的には2級FP技能士の資格を取得する為のステップです。
その資格自体には、それほど大きな効能があるわけではありません。
また、2級FP技能士の資格を取るにしても、3級を必ずしも取得している必要はありません。
実務経験が2年以上あれば、それで資格を受ける資格は発生します。

では、3級FPには、大して意味がないのでしょうか?

答えは、ノーです。
物事には、順序というものがあります。
一つ一つ階段を上る事で、高い、遠いと思っていた場所にもたどり着く事ができます。
いきなり何段もすっ飛ばして行っては危険なのです。
まず、3級を目標に資格勉強を行い、それに合格したら2級、1級と徐々にステップアップするのが、勉強する上でも、資格を受ける上でも、最も効率が良いのです。

また、どうしても早く2級以上の資格を取らなければならない事情がある人にとっても、2年間の実務経験を経て2級を受けるより、3級を受けて、その後に2級を受けたほうが早く取れます。

以上の事から、3級FP技能検定には大きな意義があると言えます。