FP資格の無料講座

FP資格の難易度1

こんにちは、「FP資格の無料講座」です。

FPの資格を受けるに当たって、気になるのはその合格率ではないでしょうか。
一体どれだけの人が、その資格を受けて受かっているのかというのは、難易度を図る上で非常に参考になるデータかと思います。

まず、3級FP技能検定の合格率ですが、学科資格は67〜92%と年度によってかなりバラつきがあるものの、総じて高い合格率となっています。
90%を越えるとなると、自動車免許の学科資格とそれ程変わらない難易度と言えるでしょう。
実技資格に関しては、2004年の個人資産の資格に関してのみ極端に低い数字が出ていますが(29%)、それ以外は個人資産の資格が40〜70、保険顧客の資格が60〜90%となっています。
いずれも年度によって30%くらいの開きがあり、まだ資格の難易度自体安定しきれていないというのが実状のようです。
ただ、近年ではほぼ70%前後で固まりつつあるようですね。
つまり、受験者10人中7人が合格している事になります。
このデータを見る限り、3級FP技能検定は合格しやすい、難易度が低い資格だと言えます。

もっとも、3級を取ったからと言ってすぐに一人前のFPになれる訳ではありません。
この3級は、2級以上の資格を得る為の踏み台と考えていた方が良いでしょう。
もちろん、最初の一歩はとても大事なので、安易に考えてもいけません。
しっかり勉強し、確実にFPとしての一歩目を踏み出しましょう。