FP資格の無料講座

FPの仕事内容

こんにちは、「FP資格の無料講座」です。

FPがどういった役割を担う仕事か理解した人が次に知りたい事と言えば、具体的な仕事内容かと思います。

FPは、基本的には顧客のライフプランを達成する為に必要な資産設計を作成する事が、その仕事内容となります。
その為には、まず顧客を獲得するところからスタートしなくてはなりません。
それには、銀行や郵便局、保険会社、証券会社といった金融機関に勤務し、その会社のプランの中で仕事を行うという方法と、事務所を設立し、独立した営業を行う方法とがあります。
前者は安定した仕事が望め、後者はより大きな報酬を得られるというそれぞれの特徴があります。

顧客を得る環境が整ったら、次は扱う金融商品をしっかり理解し、合理的な説明ができるように準備する必要があります。
有料でアドバイスを送る以上、その理論、理由付けは完璧でなければ、決して顧客を満足させる事はできないでしょう。
営業プランをしっかり立てる必要もあります。

こういった準備段階が終わったら、いよいよ顧客に対してのサービスを開始する事になります。
まず、顧客の資産状況と希望するライフプランを綿密に聞き、それにはどれくらい資産を増やす必要があるのかを算出する必要があります。
そして、その為にはどういった資産運用を行う必要があるか、どういった課題があるかを把握し、戦略を練ります。
そうやってプランを練り上げ、それを顧客が満足行く形で伝えるのが、FPの仕事内容となります。
こういったものは、資格勉強や資格そのものでは中々学ぶ事ができません。
実際に業務に就く事で得るものです。
資格勉強で頭を大きくしすぎて失敗する事もあります。
それでも、失敗から学んでいくのです。