FP資格の無料講座

資産運用におけるFPの役割

こんにちは、「FP資格の無料講座」です。

FPの役割は、顧客の資産から、理想となるライフスタイルの実現可能へ向けて、資産運用や金融商品をどう活用すれば良いかという助言を行い、顧客が豊かな生活を送れるようにする事です。
つまり、顧客を幸せにする事が、FPの役割と言えます。

FPは、資産運用、金融商品を紹介する立場にあります。
ですので、ややもすれば、特定の会社の金融商品を紹介する事で、その会社の広告塔になることがあります。
しかし、これはFPの役割としては逸脱しています。
とは言え、優良な資産運用、金融商品は限られています。
それらが特定の会社に偏ってしまうのは、ある程度仕方のないこととも言えます。

あくまでも、FPの役割は顧客重視です。
クライアントを満足させる為には、そういった特定の会社、特定のプランばかりを紹介するのも、一つの手法としてはありと言えます。

このあたりの匙加減は、まだ職業として認定されてから歴史が浅い事もあり、しっかりしたビジネスモデルの確立にまでは至っていない事から、個人の裁量という事になっています。
どこまでがモラルに反する行為なのか、どこまでがOKなのかというのは、各FPが責任を持って判断する必要があるということです。
これもまた、FPの役割と言えます。

FPは、資格を受け、その資格に合格した人のみに与えられる資格です。
しかし、資格勉強だけでは学べない事もまた多いと言えます。